トランプ大統領弾劾裁判説明!

1月中にトランプ大統領の弾劾裁判が始まりました。この裁判で、トランプ氏はクビになるかどうを決めます。2020年、日本が東京五輪を準備しながらアメリカは次の大統領選挙の作戦に進んでいます。大統領になりたい際はトランプ氏がいないでほしいです。トランプ氏は裁判を勝つと、希望者が勝つチャンスがなさそうです。日本のメディアはよく説明不可と思いますので、私は日本の方にアメリカ人の目から景色等を紹介したいと思います。 まず、なぜトランプ大統領は裁判中ですか。 次、大統領になりたい希望者を紹介します。 最後に、なぜこの選挙は米和関係に大切なことに説明します。

2016年11月、ヒラリークリントン氏とトランプ氏は大統領選挙大作戦を戦いました。メディアによりますと、ヒラリー氏は無敵な希望者とのイメージを見せました。所が、トランプ氏が勝ったことは大ショックでした。最後と通知がでますと、ヒラリー氏が選んだ人の方が多かったでした。なぜトランプ氏が勝ちましたでしょうか。

英語の言葉で、”Electoral College” (日本語的:選挙人団)とのことがあります。アメリカの全州は点数のポイントがあります。例えば、カリフォルニア州は55点あります。ニューヨークは29で、テキサスは38点、等。州の人口によりますと何数のポイントができます。 カリフォルニアとニューヨーク州はトップ3ですので、1,3位最高点数があります。希望者はその州を勝ちましたら、そのポイントをもらいます。270点が当たった希望者は選挙を勝ちます。このシステムがないと、ニューヨーク、テキサスとカリフォルニア州は全部の選挙を決まります。その以外の人々の声はもったいないので、選挙人団システムを使っています。国民の力を合わせて選挙を決まることになります。

6千3百万人はトランプ氏を選びましたが、6千5百万人がヒラリー氏を選びました。ところが、選挙人団のポイントシステムで、ヒラリー氏は227点貰いましたが、トランプ氏は304点をも貰いました影響で、トランプ氏が勝ちました。

2016年分大統領選挙からアメリカの民主党は二つの目的を決まりました。①選挙人団を消えよう!②トランプ氏に弾劾させよう!

なぜ民主党はトランプ氏が消えてほしいでしょうか。

答え:トランプ氏は民主党の目標に関して絶対反対です!民主党は国民をトランプ氏に弾劾される約束を作りました。一つの大問題があります:犯罪が必要なことです!

アメリカの歴史で、大統領全員の中に4人の被告人がいって、トランプ氏を含めて3人が弾劾裁判に進みました。

①アンドリュー・ジョンソン大統領、民主党、1868年。事件:米上院と相談なきでスタッフにクビされました。判定;無罪でした

②リチャード・ニクソン大統領、共和党、1961年。事件:ウォーターゲートホテルで民主党の事務所に住居侵入罪。裁判前に辞職しました。

③ビール・クリントン大統領、民主党、1998年。事件:1.偽証罪。2.司法妨害。判定:1,2 無罪でした

④ドナルド・トランプ大統領、共和党、2020年。事件:1.暴威。2.米議会に邪魔。裁判中です。

トランプ大統領の事件を説明したいと思います。

暴威

2019年、トランプ大統領はウクライナの大統領と電話相談ありました。民主党のアダム・シッフ氏(衆院、カリフォルニア州)によりますと、トランプ氏はザレンスキー大統領にジョ・バイデン元副大統領について調べてほしいでした。しないとアメリカはお金を送りません(反対給付)。

アメリカの衆院によりますと、トランプ氏がニクソン元大統領と同じ事件でした。衆院の報告後、トランプ氏がザレンスキー大統領との会話の写しを放送しました。写しによりますと、反対給付がありませんでした。シッフ氏は写しを読むときに、自分の言葉を入れました。嘘なのに、衆院はシッフ氏の証言が証拠に代わって裁判に入りました。

反対給付

2016年、ハンター・バイデンさん(当時のジョ・バイデン副大統領の息子)はバリスマ㈱の幹部会に入りました。バリスマはウクライナにあるガスの会社です。ハンターさんはカス、電気等の経験無いのに、バリスマに入会しました。なぜというと、バリスマはジョ・バイデン副大統領と何とかの関係がありそうでした。

その時、ウクライナ政府の検事はバリスマの汚職の事を調べました。検事によりますとハンターさんは犯人となりました。怒られたジョ・バイデン副大統領は当時のウクライナ大統領に「6時間内検事をクビにならないと、100億円を送金なし!」との相談がありました。

ハンターさんを調べている検事はすぐにクビになりました。

2018年、ジョ・バイデン元副大統領は上の語りを説明しました。下記に添付したビデオは英語だけです。

トランプ大統領によりますと、反対給付のはバイデン元副大統領の事件でした。自分のではなありません。

米議会に邪魔

衆院の力は民主党の勝ちです。民主党はトランプ氏の敵です。民主党はトランプ氏の事が嫌いです。それだけです。米議会に邪魔は犯罪ではないです。

それなのに、民主党のジェリー・ナドラー氏(衆院、ニューヨーク州)によりますと、邪魔にすることは犯罪でした。ナドラー氏は「米議会に邪魔」と「司法妨害」と一緒の意味を考えてほしいです。事件等がないと司法妨害ができません。ナドラー氏はトランプ氏の行動が好きじゃない事は事件じゃありませんので、どうやって犯罪になりますでしょうか。

トランプ大統領も知りたいです。

裁判の結果

弾劾裁判は米上院で行います。裁判長はロバーツ主席法官です。ロバーツ主席法官の仕事はトランプ氏が有罪か無罪かどうか決まることではないです。それは米上院のメンバーたちの仕事です。米上院で共和党の方が強いですので、「無罪」と結果の可能性は99.9999%です。民主党のみんなはそのことが分かったのに、弾劾裁判に進まないと約束を破ります。民主党の国民に選挙の時、トランプ氏に弾劾される約束を作りました。 

民主党のラシダ・ツラリーブ氏(衆院、ミシガン州)は選挙を勝ったパーティーに、「一緒にその〇〇野郎を弾劾しよう!」と満席の部屋にいる友達に約束を作りました。

今までトランプ大統領のサポートはどんどん強くなりました。アメリカの国民は民主党の話に疲れましたから、弾劾の話はうるさくなりました。アメリカの政治サイト(POLITICO)によりますと、2020年大統領選挙をトランプ氏は勝つ可能性が高いです。

選挙のテーマと希望者

アメリカの社会に聞いたら、大統領選挙はトランプ氏対民主党はではなく、選挙のテーマはキャピタリズム対ソーシャリズムを注目です。キャピタリズムを考えるとトランプ氏が簡単にイメージできます。世界的な大成功な不動産会社の社長から大統領になりましたから、辞書でトランプ氏の写真はキャピタリズムの隣にあるイメージがあります。

ソーシャリストの希望者は社会の若者の耳に優しい言葉を喋っています。例えば、大学無料!仕事しなくても無料なお金を貰う!銃を全国的に禁止されること!お金持ちの方に税を99%に!グリーンエネルギーに進もう等!

シンプルに、トランプ氏は国民のみんなに同じ時機を。希望者は同じ結果を。下記はトランプ氏に代わって民主党の希望者に紹介したいと思います。

エリザベス・ワーレン氏
女性、1949年生まれ、オクラホマ州出身
現在:上院、(民主党、マサチューセッツ州)
プラットフォーム:無料大学、グリーンエネルギー、銃を全国的に禁止
政治:ソーシャリスト中
ハーバード大学に入学ため、自分はアメリカンインディアンの人種を登録しました。2016年大統領選挙で、トランプ氏は「ポカホンタス」と呼ばれました。DNA検査によりますと、アメリカンインディアンのDNAは0%。2019年2月にワーレン氏は嘘に関して詫びました。

アンドリュー・ヤン氏
男性、1975年生まれ、ニューヨーク州出身
現在:社長
プラットフォーム:全員的に同じ給料、無料お金
政治:ソーシャリスト弱
選挙のテーマ:「フリーマネー!」

バーニー・サンダース氏
男性、1941年、ニューヨーク州
現在:上院、(自由党、バーモント州)
プラットフォーム:政治の敵を大砲、無料大学、銃の全国的に禁止、グリーンエネルギー
政治:ソーシャリスト強
2016年大統領選挙で、ヒラリー氏とCNNはサンダース氏に騙されました。

タルシー・ギャバード氏
女性、1981年生まれ、ハワイ州出身
現在: 機会、(民主党、ハワイ州)
プラットフォーム:正義、グリーンエネルギー、経済強さ
政治:クラシックな民主
2019年にヒラリー氏はテレビインタビューで「ギャバードさんはロシアのアセット」と言いました。2020年、ギャバード氏はそのことでヒラリー氏に対して裁判を進みます。

ピート・ブテジェジュ氏
男性、1982年生まれ、インディアナ州出身
特報:インディアナ州のサウスベンド市の元市長
現在:無職
プラットフォーム:銃を全国的に禁止、無料大学、無料お金、LGBTQ+正義
政治:ソーシャリスト中
大統領になりましたら、アメリカの初同性愛大統領になります。

マイケル・ブリュームバーグ氏
男性、1942年生まれ、マサチューセッツ州出身
特報:ニューヨーク市元市長、
現在:ブリュームバーグメディア㈱の社長
プラットフォーム:お金持ちの方に税を99%に、銃を全国的に禁止、無料大学、LGBTQ+正義、グリーンエネルギー
政治:ソーシャリスト強
2020年に、トランプ氏を負けることにお金入れたいとメディアに言いました。

ジョ・バイデン元副大統領
男性、1942年生まれ、ペンシルベニア州出身
特報:オバマ元大統領の副大統領
現在:無職
プラットフォーム:お金持ちの方に税を99%に、銃を全国的に禁止、無料大学、LGBTQ+正
政治:ソーシャリスト中

日本のインパクト

この地域でトランプ大統領は大きいインパクトがありました。
①北朝鮮は原爆ミサイルを作ることをやめました。ミサイルをまだ作っていますが、原爆不可です。尚、ミサイルは国を守るためだけです。
②TPPをやめました。TPPを入りますと、ほとんど全部の加工仕事は外国に移動可能性高いでした。日本人口に関して無職の方が上がりそうでした。
③米和貿易及び協力が強くなりました。
④アメリカの軍が強くなりましたので、オバマの時代より日本を守ることができます。

トランプ大統領が勝ちましたら、米和協力はもっと強くなった思います。「アメリカファースト」というスローガンはアメリカ国民のためだけじゃなくて、アメリカの友達も大切にする事という意味です。貿易が強くなりますと、両方の国が栄えます。強いアメリカがないと、日本の未来は不安になります。

オバマ時代に、中国が強くなりながら、日本の経済がもっと弱くなりました。日本は中国と尖閣島をけんかする時にオバマ、ヒラリー氏等は日本より中国を助かりました。民主党の希望者が勝ちましたら、中国及び韓国等とけんかがあるとアメリカはどうしますか。その結果を考えたくないと思います。

最後に

ここまではアメリカ人から弾劾裁判と2020年大統領選挙に関して説明いたしました。選挙が進みながらアップデートします。

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.